「pen」2月1日発売号は「1冊まるごとコム デ ギャルソン」

写真拡大

 雑誌「pen(ペン)」が、2月1日に発売する最新号で「Comme des Garçons(コム デ ギャルソン)」を特集する。「1冊まるごとコム デ ギャルソン」と題した新刊では、代表兼デザイナーの川久保玲の独占インタビューを掲載。ブランドの全貌に加えて、 東京・銀座6丁目に出店予定の「DOVER STREET MARKET GINZA Comme des Garçons」の最速情報を掲載する。

pen、1冊丸ごとギャルソン特集の画像を拡大

 2月1日に発売される「pen」の完全保存版「1冊まるごとコム デ ギャルソン」特集号では、誕生から43年を迎えた「Comme des Garçons」のヒストリーや、全16ブランドの完全解説、メンズブランドの2012年春夏最新コレクションなど、あらゆる視点から「Comme des Garçons」を解析。独占インタビューでは「四六時中、飢餓状態でいなければいけない。」のタイトルの元、デザイナーとしてだけではなくビジネス経営者としても辣腕(らつわん)を振るってきた川久保玲の実情に迫っている。「川久保が手がける、空間というデザイン」と題して全てのショップで異なる空間デザインにもフィーチャー。「あのひとが語る、私的コム デ ギャルソン論」のページには、俳優の竹中直人とユナイテッドアローズ クリエイティブ アドバイザーの栗野宏文が登場し、それぞれの"コム デ ギャルソン論"を語っている。

 3月16日にオープンを予定している「DOVER STREET MARKET GINZA Comme des Garçons」は、デザイナー川久保玲がディレクションするコンセプトストア。「TOGETHER WITH:〜」と記されたショップの特設ページでは、同社のオリジナルブランドを含め、国内外73のブランド名を公開しており、様々なブランドとコラボレーションを予感させる謎のキーワードが出現している。