YKKAP(株)は、業界初の仕様として、エコ内窓「プラマードU」に窓を閉めると自動で施錠される「戸先錠仕様」を4月より新発売する。
従来、内窓の中央にある召合せ部には「クレセント」と呼ばれる錠がついており、クレセントによる「施錠・解錠」と「開け閉め」という「2回の操作」が必要だった。今回発売する「戸先錠仕様」は、「クレセント」をなくし、内窓の引手と錠が一体となった「戸先錠」を装備することで、内窓を開け閉めするだけで自動的に施解錠できるというもの。これにより、1回の操作で内窓の施解錠と開け閉めができるようになる。また、内窓を閉めると自動的に施錠されるため、内窓の鍵のかけ忘れ防止にも有効で、防犯性向上に効果がある。
なお「MADOショップ」については、1月30日より先行発売される。