(株)スミノエでは、従来のタイルカーペット「スミリーフ」と「GP-6800」の2マークについて、さる12月21日にECOSタイルカーペットシリーズへ移行した。
ECOSカーペットとは、使用済みタイルカーペットを、バッキング材の原料に再生して使用した循環型リサイクルカーペット。高い再生比率に加え、再生材の原料を限定することで高い安全性も確保、さらにCO2の排出量も大幅に削減(最大43%)するなど、画期的製品として、昨年はグッドデザイン賞も獲得している。現在同社では、既存タイルカーペット製品のECOSシリーズへの移行を随時進めている。
今回の移行にともない、「スミリーフ」は「iD-6000 LEAF」と名称が変更、アイテム数も22色(従来28色)となった。なお同2マークについて、このほど単冊見本帳として同社ホームページ「ぱらぱらめくれるWEBカタログ」にて公開が開始された。