韓国与党が党名を公募するも遊び半分の名前ばかりで使えず、「不正腐敗党」「ブドウ党」など

写真拡大

韓国与党のハンナラ党は26日、非常対策委員会の会議を開き、党名を変更することを決定した。また、27日〜29日にかけて新しい党名を国民から公募することも明らかにした。

しかし、韓国メディアによると、締め切りとなった29日までに、新しい党名にふさわしい候補の名前は集まっていないという。ホームページには名前を受け付ける掲示板が設置されているのだが、のぞいてみるとネットユーザーたちの遊び場となっているようだ。

寄せられた党名をいくつか挙げると、「韓国第一党」「不正腐敗党」「ぶどう党」「とっても良い党」「凡民党」「国民希望党」「韓国民族党」「ウリナラ党」「すべてに開かれた韓国党」「幸福実践党」「アンニョン党」などが書き込まれている。真面目に考えている人もいるようだが、遊び半分の人も多いようだ。

同党のイ・ジュンソク非常対策委員は、「今日(29日)朝までの状況を見ると、公募の中から党名を選ぶのは困難なようだ」と話しており、党名は公募からではなく専門家グループによって決定する可能性が高いようだ。

「ハンナラ党」は1997年11月、与党だった新韓国党と民主党が合併し誕生。最近、不祥事が相次いでいることから、改名を通じてイメージアップを図る狙いがあるとみられる。

参照:ハンナラ党の党名公募、「皮肉」一色…どうやって決めるか - ノーカットニュース
参照:ハンナラ党

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。