<ミドル級/5分3R>
チェール・ソネン(米国)
Def.判定3-0:30-27、29-28、29-28
マイケル・ビスピン(英国)

左を伸ばすソネンに、右ピンも右を返すが、すぐに組みついてテイクダウンを奪われる。立ち上がったビスピンは、右をヒットさせる。組みついたソネンは、ケージにビスピンを仕込んでいくが、ビスピンは体を入れ替え、距離を取り直す。

それでもすぐに組みついたソネンは、腰をコントロールし外掛けてテイクダウン。足を捌きながら、パウンドを落とし、足を放すとビスピンが立ち上がるところに再びパンチを放っていく。再び組み合いのなか、ビスピンがダブルレッグを仕掛けるが、ソネンはビクともしない。

距離が一瞬離れても、すぐに組み合いに発展し、ソネンをケージに押し込んだビスピンが細かいパンチを放っていく。距離を取ったビスピンは、何と後ろ回し蹴りを見せる。直後に組みついたソネンだが、ビスピンのテイクダウンディフェンスは予想以上に高い。再び態勢を入れ替えたビスピンは、ヒザをソネンに蹴り上げていく。

距離をできると、ソネンの荒い左フックに、しっかりと右を返していくビスピン。残り30秒を切ってからの組みの攻防でも、ソネンをケージに詰めていく。残り10秒、距離を取ったビスピンが再びスピニングキックを見せるも、これも空振りに。一進一退の攻防は、テイクダウンを2度ほど奪われたものの、ビスピンの組み力の強さを印象づけた。

2R、左を打ち込んだソネン。左から右を返すビスピン。ソネンがここで組みつくも、ビスピンはワキを差して、体勢を入れ替える。差し負けないビスピン、ソネンはケージを背にして左フックやヒザを見せるが、レフェリーがブレイクを命じる。

左をヒットさせたソネンに、ビスピンも左を返しが、ここでソネンがダブルレッグでテイクダウンを奪う。左のパウンドを落とすソネンは、ビスピンの腰をコントロールして立たせない。ついに背中をつけたビスピンだが、フックガードで踏ん張りを見せる。

足を引いて隙を見せたソネン、ビスピンがすぐに立ち上がり打撃戦へ。首相撲からヒザをビスピンが見せて、ワキを差す。外掛けでテイクダウンを狙ったビスピンは、首相撲からシングルレッグを仕掛けていく。さらにヒザ、左エルボーをケージを背にしたソネンに放っていくビスピンは、残り30秒を切って距離を取ると、首相撲からボディにヒザを突き上げる。

ソネンも荒いパンチを返すが、ブライアン・スタン戦のような力強さは感じられない。迎えた最終回、ソネンは両ヒザをつきながら、そのままヒザ立ち歩きでビスピンを押し込んで、テイクダウンに成功する。

観客がブーイングを送るも、バタフライガードのビスピンをしっかりと押さえ込んでいく。クローズドガードに切り替えたビスピン、足を解きパンチを落とすソネンだが、精度は決して高くない。腕十字狙いを担いだソネンは、立ち上がろうとするビスピンのバックに回り込む。そのまま両足をフックし、バックマウントを完成させたソネンは、襷がけから肩固め、そのままマウントへ移行する。

残り2分、ボディへのパンチから、マウントをキープして肩パンチを見せる。ビスピンは腰を押して、ヒップエスケープからハーフに戻す。掌でビスピンの頭をはたくソネンは、体を起こして勢いのあるパンチを落とすが、すぐに胸を合わせる。ケージを背に立ち上がろうとしたるとしたビスピン。ソネンは腰をクラッチして立たせないよう試みるが、立ち上がったビスピンが逆にダブルレッグでテイクダウンを奪い、最後はパウンドを落とす。

決して素人受けする試合ではなかったが、力の入った攻防であっという間に15分間が過ぎ去った。結果、ジャッジの2人が29-28、30-27の3-0でソネンが判定勝ちを手にした。
UFC on FOX 全試合結果&リポート