<ミドル級/5分3R>
クリス・ウェイドマン(米国)
Def.判定2-1:29-28、28-29、29-28
デミアン・マイア(ブラジル)

慎重に距離を測る両者、マイアが左ストレートを伸ばし、ウェイドマンが足払いやハイキックを見せる。距離を詰めてヒザを放ったマイア、左ジャブを伸ばすウェイドマンともに組みつく気配もなく、打撃戦を続ける。

ウェイドマンのスーパーマンパンチを冷静にステップバックでかわしたマイアは、しっかりと打撃を見ている。そのマイアの左が空振りになり、バランスを大きく崩す。左に大きく傾きながら、右を放つウェイドマンは、マイアのローをキャッチし、逆にローを蹴り込んでいく。

再び距離が詰まると、ヒザを見せたマイアだが、残り1分でダブルレッグを決められてしまう。すぐに立ち上がったマイアは、ハイキックを空振りし、ここでもスリップ。体の軸が乱れて来ているのか、気になるブレだ。試合はこのまま、拮抗した展開となったが、テイクダウンを奪ったウェイドマンがポイントを取ったか。いずれにせよ、ダメージ的には差がなく、打撃の削り合いでどちらがスタミナ&精神的に疲弊したのかが、2R以降に影響を及ぼすだろう。

2R開始早々、テイクダウンを奪ったウェイドマン。マイアはワキを差して立ち上がる。ウェイドマンのボディストレートが決まり、プレッシャーが強くなる。マイアは手数が少なくなったか。前に出るのはウェイドマン。右ローを蹴り上げる。首相撲からヒザを突き上げたウェイドマン。2分を切ってマイアが組みのフェイントを見せる。

左ストレートを伸ばすマイアに、ウェイドマンの右ハイが襲うが、クリーンヒットはない。残り1分で再びウェイドマンがダブルレッグを見せるも、マイアが凌ぎヒザから左ミドルを見せる。しかし、腰をコントロールしたウェイドマンが、結局のところテイクダウンを奪い、ギロチンを仕掛けたところで2Rが終了した。

最終回、互いに組に行くがテイクダウンを奪えず、ローを蹴り合う。右を伸ばしながら前に出たウェイドマンが、ボディロックからテイクダウンへ。背中をつけてガードの態勢になったマイアは、フックスイープからシッティングガード、ロックアップから見事に立ち上がる。

直後にテイクダウンを狙うが、ウェイドマンのテイクダウンディフェンスは強く、左フックを放っていく。続くマイアのテイクダウン狙いをがぶりバックを伺うウェイドマンは、続くマイアのテイクダウン狙いをスプロールしバックへ。スッと立ち上がったマイアだが、疲れが目立つ。

ウェイドマンも疲れ、マイアは左ミドルをヒットさせる。両者、上体を揺らしながら打ち合いを続け、残り90秒でウェイドマンが首をコントロールして、ヒザを見せる。力のないパンチの攻防も、ギリギリの戦いを繰り広げるマイアとウェイドマンだが、観客は容赦なくブーイングを浴びせる。

このまま、試合はタイムアップを迎えた。結果、判定は2-1で割れたが、ウェイドマンがマイアを破り、UFC4連勝を達成。トップグループ入りを果たした。
UFC on FOX 全試合結果&リポート