<ヘビー級/5分3R>
マイク・ルソー(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、30-27
ユノラフ・エイネモ(ノルウェー)

飛び込んでいきなり組みついてテイクダウンを奪ったルソーはパスを狙う。フルガードに戻したエイネモは、蹴り上げから立ち上がると、再びシングルレッグで組みついたルソーにヒザを見せて距離を取る。

右ローを見せたエイネモだが、直後のルソーの前進に真っ直ぐ下がってしまう。四つ組みの攻防で、ヒザをボディに見せたエイネモは、右から左をヒットさせる。再び四つ組みになると、ルソーはヒザからボディフックを放つ。

いなして距離を取ったエイネモは、ルソーにテイクダウンを再び許す。ガードから鉄槌を突き上げたエイネモは、リストをコントロールしに掛かるも、ルソーがこれを察知して腕を引き抜く。再び蹴り上げを見せたエイネモだが、今度は立ち上がらず飛び込んできたルソーにバタフライガードへ。リバーサルからマウントを奪ったエイネモだが、パンチを落とそうとしたところで、タイムアップを迎え、振り上げた拳を力なく下ろした。

2R、左ジャブを伸ばしたエイネモに対し、ルソーも左を返す。再びシングルレッグでテイクダウンを奪ったルソーは、左エルボーを落とす。頭を抱え、手首を取ったエイネモだが、ルソーが振りほどき、右エルボーと連続で落とす。

三角を仕掛けたエイネモは蹴り上げを見せるも、ルソーが飛び込みトップをキープする。一度は立ち上がったルソーは再びガードの中に入るが、何もせずに再び立ち上がる。手の無いルソーはただトップにいるが、細かいパウンドを落とすため、ポイント的にはエイネモが不利であることは間違いない。

残り90秒、クローズドガードのエイネモにエルボー&パウンドを落とすルソー。口を大きく開けて呼吸するエイネモは鼻血を流した。レフェリーが残り30秒でブレイクを命じる。試合はスタンドに戻るが、すぐにルソーがシングルからバックに回り、テイクダウンを奪ったところで2Rが終了した。

口を広げ、肩で息をするエイネモは、前に出てくるルソーにヒザを狙う。ルソーを突き放したエイネモは、ヒザを2発顔面に蹴り上げるが、結局はテイクダウンを奪われてしまう。直後に三角を狙うがルソーが対処し、ならばとバックを伺うも、取りきれない。

残り1分50秒で、レフェリーがブレイクを命じる。スタンドに戻ったエイネモはヒザ蹴りを掴まれ、またもテイクダウンを許す。シッティングガードで立ち上がらないエイネモ。背中をつけたままのガードワークでは、現代MMAで勝てるはずもなく、28-29が2人、27-30が1人と0-3で判定負けを喫した。