<ライト級/5分3R>
マイケル・ジョンソン(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
シェーン・ローラー(米国)

サウスポーのジョンソンが、右ジャブを繰り出すが、ローラーはすぐに組みついていく。ワキを差して、距離を取ったジョンソンが左を伸ばす。思うように組みつけないローラーは、前に出たところで左ストレートを被弾。

ローシングルも切られたローラーは、ケージに押し込んで足を掛けてもテイクダウンを奪えない。逆にケージに詰められると右フックを受ける。距離を取り直したジョンソンは、左ストレート&右をヒットさせ距離を取る。

一気に距離を詰めて組みついたローラーだが、ここでも逆にケージに押し込まれてしまう。打撃の間合いになると、ジョンソンがローを交えてパンチを連続で放つが、やや軽いか。残り1分を切ってジョンソンが左右のパンチをヒットさせる。距離を取りながら、軽快に踏み込んでパンチを見せるジョンソンに対し、ローラーは左フックを返すが、肝心のテイクダウンにはいけず、ジャンピングニーを受けてケージに詰められたところで、初回が終了した。