27日(金・現地時間)にイリノイ州シカゴのユナイテッド・センターで開催されるUFC on Fox02 「Evans vs Davis」の公開計量が行われた。

メインイベント以上にファンが沸いたのが、マイケル・ビスピンとチェール・ソネンがステージに姿を現したときだった。会場全体を包み込んだようなブーイングを受けたビスピンは、笑顔を浮かべ中指を立てて応える。

一方のソネンには割れんばかりの声援が送られ、彼自身もかつてないほどのキレキレボディを披露。スチール用に対峙すると、額を合わせて大迫力のお披露目を終えた。

また、メインは肩の広がり具合では、既にナンバーワンファイターのフィル・デイビスが、ペン・ステート大レスリング部のシングレットを着用して登場、ラシャド戦に向けては「ラシャドはグレードファイター。いつも素晴らしい試合をしている。彼のような偉大な選手に、自分のスキルがどこまで通じるか。明日に向けてワクワクしている」と模範的な受け答えを行った。

一方のラシャドも、この試合に勝てば世界戦に近づくことを尋ねられ、これまでの挑発的な態度はどこへやら、「フィル・デイビスとの試合は、きっと良い試合になるだろう」と静かにコメントを残した。
詳細&対戦カードはコチラ