圧倒的な存在感を持つようになったチェール・ソネン。マイケル・ビスピンに対し、熱くなることなく、あしらうようにこき下ろしている

写真拡大

28日(土・現地時間)にイリノイ州シカゴのユナイテッド・センターで行われるUFC on Fox02 「Evans vs Davis」に出場するチェール・ソネンのマイケル・ビスピン戦に向けたコメントが届いた。

本来はマーク・ムニョスと対戦予定だったが、負傷で急遽ビスピンと対戦することになったソネンは、新しい対戦相手をそれほど攻撃的ではないが、こき下ろした。

■チェール・ソネン
「俺はハイプやトラッシュトークが盛んに行われる時期が嫌いなんだ。俺は何も言わない。陰険になったり、相手を侮辱するようなことはしない。何も問題ないんだから。だけど、『ビスピンは間抜けで、俺はアイツがミートパイと牛肉のエキスをむさぼり食うよりも、早く試合を終わらせる』と言っておこう。

俺は世界一のファイターなんだ。ヤツは俺を倒せると思っている。俺はアイツを倒せると思っている。どちらが正しいかは、フォーラムで言い合うんじゃなくて、UFCのオクタゴンのなかで決まるんだ。

俺がシカゴにやってきたのは、マイケル・ビスピンをボコるため。ここに言い合いをしに来たわけじゃない。そんなことしたくもない。この試合が決まって、ファンは200万枚の追加チケットを欲しがった。この試合が、本当のメインイベントで過去最大の試合となる」
全対戦カードはコチラ