新社会人は、どのポストまで出世したい?

写真拡大

今年の干支は、ご存知のとおり、辰(龍)です。

「登り龍」という言葉があるように、
4月から社会人デビューするフレッシャーズにとって、
希望に胸を膨らませる今、
会社のどのポストまで昇りつめたいのか聞いてみました。
「あなたは、会社でどこまで出世したいですか?」


【男性編】会社で目指すはどのポスト?

■1位 部長 38.5%
□2位 取締役 26.1%
■3位 会長 12.3%
□4位 社長(CEO) 10.8%
■5位 課長 5.6%
□6位 平社員(偉くなりたくない)4.6%
■7位 主任 2.1%

【女性編】会社で目指すはどのポスト?

■1位 部長  26.0%
□2位 課長  22.0%
■3位 主任  21.5%
□4位 平社員(偉くなりたくない)20.5%
■5位 取締役 5.0%
□6位 会長  4.0%
■7位 社長(CEO) 1.0%

【男性のコメント】

■1位 目指せ! 部長
・「部長ぐらいが限界だと思う」(25歳/運輸内定)
・「一つの「部」を背負って仕事がしてみたい」(23歳/金融内定)
・「適度に出世したい!給料がよく責任も重くないから」(25歳/食品内定)

■2位 目指せ! 取締役
・「会社を動かす役職に就きたい」(24歳/情報内定)
・「中間管理職以上になりたいため」(25歳/自動車関連内定)
・「お金がほしい!」(23歳/自動車関連内定)

■3位 目指せ! 会長
・「一番偉くなりたいのは男として当然だと思う」(22歳/証券内定)
・「偉くなりたいし、定年まで第一線で働きたい」(23歳/官公庁内定)
・「金と名誉が欲しい」(24歳/不動産内定)

■4位以下
□社長 
・「経営に直接関わり、意思決定をしてみたい」(24歳/金融内定)
□課長
・「父がその役職だったから」(25歳/電機内定)
・「仕事とプライベートの両立。部長以上は時間がなさそう」
(23歳/機械内定)
□平社員 
・「偉くなることが自分を示すことではないと思う」(22歳/団体内定)


【女性のコメント】

■1位 目指せ! 部長
・「女性がなれるポジションは限られていると思う」(22歳/金属内定)
・「結婚して子どもを産み、育てたら、また働き続けたい」
(24歳/建設内定)
・「部長になれる位努力したいし、それ位長く働いていたい」
(23歳/IT内定)

■2位 目指せ! 課長

・「配属される部署に女性の課長がいるが、その人に憧れて」
(24歳/団体内定)
・「ある程度の年齢で仕事を辞めたいから」(22歳/生保・損保内定)
・「人並みより少し上程度がよいから」(22歳/医療・福祉内定)

■3位 目指せ! 主任

・「そこそこでいい。上になるほど忙しいから」(24歳/教育関連内定)
・「仕事と家庭の両立。地位ではなく、仕事を任される存在」
(23歳/電力内定)
・「後輩に抜かれるのは嫌だけど、重い責任を負いたくない」
(22歳/情報内定)

■4位以下
□平社員 
・「転職も考えているから」(24歳/学校・教育関連内定)
・「安定が一番。上に行くほどプレッシャーが大きい」(23歳/機械内定)
・「偉くなりたいという気持ちはもっていない」(25歳/団体・官公庁内定)
□会長
・「実現可能かというよりも、志は高くありたい」(24歳/教育関連内定)
□社長
・「一番上を目指したいから」(25歳/学校・教育関連内定)
□取締役
・「まだ女性が少ない業界なので、パイオニアになる」(22歳/商社内定)
・「目指すはトップだけど、社長になるなら起業したい」(23歳/旅行内定)


<総評>

男性は、部長が1位、取締役が2位、この2つで全体の6割を超える結果になりました。
競争が苦手な世代像とは裏腹に、現実的でありながら、まずまず上昇志向が強い人が多いようです。
コメントを見ると、権力を持ちたいし、そこそこお金持ちになりたいけど、
矢面に立つような立場にはなりたくない、という「現実的な打算」と「そこそこ主義」の傾向が垣間見られます。

女性も、やはり部長が1位でしたが、以下、課長、主任、平社員(偉くなりたくない)を合わせると、
全体のほぼ90%を占める結果に。
大きな出世よりも、生活を維持していくことを重視する意識が影響しているようです。
会社のポジションだけではなく、人生を具体的に設計している様子が伝わってきます。


厳しい就活の末に、ビジネスの世界に飛び込むフレッシャーズたち。
ぜひ、停滞気味の日本経済を牽引していく存在になって欲しいものです。


(文/ニーマルマル タイガーナッツ)


調査期間: 2011/11/17〜2011/12/17
アンケート対象:フレッシャーズ会員
有効回答数 395件 女性200件/男性195件 (ウェブログイン式)