(株)ニチベイは、ロールスクリーン「ソフィー」、バーチカルブラインド「アルペジオ」「ソーラーV」をモデルチェンジし、2月1日(水)に新発売する。今回のモデルチェンジは、多様化する窓に合わせた新機種の投入や、既存機種の機能・デザイン改良により、ロールスクリーンとバーチカルブラインドのあるべき姿を見直したものとなっている。

具体的には「ソフィー」「アルペジオ」ともに生地のバリエーションを拡充、「ソフィー」は「プレーン」「テクスチャー」「シースルー」「遮光」「デザインコレクション」「すだれ調/経木」「テクニカル」「バスタイプ」の8シリーズ319アイテムをラインナップ、省エネ・遮熱生地や遮光、撥水と防炎を両立した生地も収録するなど機能面も強化した。一方の「アルペジオ」は「ベーシック/プレーン」「ベーシック/テクスチャー」「ベーシック/ブラックアウト」「テクニカル」の4シリーズ170アイテムをラインナップした。さらに今回は「ソフィー」と「アルペジオ」の共通柄を充実させ両商品のコーディネート性を高めている。
また機能面については、「ソフィー」に幅10cmから製作可能なスリット窓タイプ、スリット窓ウォッシャブルタイプが登場、「アルペジオ」には2本に分割されたレールを施工現場でジョイントでき大開口窓に対応することができるレールジョイントタイプや、コーナー窓に対応するコーナー窓タイプが登場、ルーバーの納まりの切替機構も新登場した。さらにルーバーのたまりを解消するルーバー平均ピッチが導入された。
この他、オフィス向けバーチカルブラインド「ソーラーV」も、コーナー窓仕様が登場した他、遮熱生地の充実、「ソフィー」との共通柄の充実が行われた。