第3次補正予算成立によってスタートした復興支援・住宅エコポイントのポイント申請受付が1月25日(水)に開始された。
復興支援・住宅エコポイントは、住宅の省エネ化・住宅市場の活性化に加え東日本大震災の復興支援を目的として一部制度の見直しが行われている。具体的には、新築の場合は被災地に30万ポイント、被災地以外は従来の半分となる15万ポイントが付与される。一方のリフォームについては、従来どおり窓の改修工事、外壁、天井・屋根・床の改修工事、バリアフリー、省エネ住宅設備などを行った場合に最大30万ポイントを付与する他、新たに耐震改修工事(15万ポイント)とリフォーム瑕疵保険加入(1万ポイント)を追加、このうち耐震改修工事は別途加算ができ、最大45万ポイントが付与される。工事対象期間は、新築が平成23年10月21日〜平成24年10月31日。リフォームが平成23年11月21日〜平成24年10月31日。
またポイントの交換についても、被災地の復興支援のため発行されたポイントの半分以上は被災地の特産品等に交換する必要がある。