1月21日、卓球の全日本選手権女子シングルスで、悲願の初優勝を果たした福原愛選手(23)。かたや、全豪オープンテニスの男子シングルスで日本人として80年ぶりにベスト8入りを果たした錦織圭選手(22)。それぞれの道で活躍するふたりが世間を騒がせたのは、4年前のことだった。

2008年11月『フライデー』がふたりの原宿デートの様子を掲載。当時20才だった「卓球界のアイドル」と18才の「テニスの王子様」の若き“ビッグカップル”の熱愛ぶりは大きな話題となったが、4か月後の2009年3月ごろになると、早くもふたりの破局が報じられるようになった。

そんなふたりだが、ひっそりと“いい友達”の関係は続いてきたようだ。ある卓球関係者がいう。

「愛ちゃんは2009年に錦織くんが故障でリハビリしているときには、励ましのメールを送っていたようです。その後もメールのやりとりは続いているそうで、親しい人との会話の中には、錦織くんの話題がよく出てくるそうですよ」

あれから4年――今年の夏にはロンドン五輪が開かれる。福原選手はすでに五輪代表に内定し、錦織選手もほぼ当確と見られている。遠距離恋愛のすれ違いが続いたが、愛ちゃんの粘りのメールが功を奏して、五輪で思わぬ復縁なんて話もあるかもしれませんね。

※女性セブン2012年2月9日号