錦織圭オフィシャルホームページ

写真拡大

 テニスの4大大会である全豪オープンで日本男子として80年ぶりのベスト8入りを果たすも、準々決勝で世界ランク4位のアンディ・マリー(英国)に敗退した錦織圭が、ブログで大会を振り返った。

 大会を終えた錦織は、25日夜にブログを更新。3-6、3-6、1-6のストレート負けを喫した準決勝を「完敗のような…チャンスもあったような。以前の対戦より確実に良かったですが、まだまだ勝つには至らなかったですね」と振り返り、「このトップ4相手に勝てる日がくるのか、今はまだ想像がつきません……。今日負けた悔しさと、まだまだトップ4に勝てないという現実がまだまだ先は長いと感じさせられます」と心境を明かした。

 世界との差を痛感させられた様子をうかがわせる錦織だが、4大大会での日本男子のベスト8入りは1995年ウィンブルドン選手権での松岡修造以来17年ぶり、全豪オープンでは80年ぶりという快挙。この結果には「今は正直にこの結果を喜びたいと思います」と喜びをみせ、「まだまだ先を目指してる」「これからも精進します!」とさらなる飛躍を誓っている。

■関連ニュース
紗栄子、ブログにダルへの思い……「ファンとして羽ばたく彼を応援したい」
メジャー挑戦表明のダルビッシュ、Twitterで「前言撤回しない」
ダルビッシュ、菜々緒の元彼との噂を否定……「お会いしたこともありません」
広島のエース、前田健太がタレント成嶋早穂との“元日入籍”をブログで報告