【新華社ソウル=姫新竜】 韓国外交通商省の報道官は25日、日本の玄葉光一郎外相が24日の外交演説で、竹島(韓国名・独島)の領有権に言及したことに強く抗議する声明を発表した。「不当な主権の主張であり、即刻撤回するよう求める」としている。
声明はまた「日本政府は『歴史を直視し、未来志向のパートナーシップ構築に向う』との決意に逆行しており、深い失望と遺憾の意を表明する」とした。
韓国メディアは玄葉外相が24日の衆院本会議で行った外交演説で竹島問題について、「ノーと言うべき場合には言う」と表明したと伝えている。
(編集翻訳 恩田有紀)


■関連記事
中国海洋監視船、尖閣沖での日本調査船に警告
南京市、名古屋との交流中止を発表 河村市長発言に反発
中国外務省、脱北者問題は「慎重かつ適切に処理」強調
香港の3LDK家賃、世界一 次いで東京、モスクワ、ロンドン
カップルのための「お別れ代行」サービスが人気=中国