デキる新人になるために一番大切なこと

写真拡大

頑張って内定を手にしたはいいが、実際に働くのって少し不安......。 ちゃんと働けるだろうか? 大きな失敗をしてしまうかも? と危機感を持っている人も少なくないと思います。そこで、新社会人が会社で働くときに、最低限知っておきたい心構えや、「ちょっとデキる新人」になるためにやっておきたいことは何か、NPO法人人材育成マネジメント研究会で代表を務める永谷研一氏にお話を伺いました。

【"デキない新人"と思われてしまう人の特徴とは?―新人に失敗はない!】
「常識が守られていれば、基本的に新人は何をしてもいいと思います。そもそも、新人に任せる仕事は、失敗してもそれほど会社に損失を与えないような業務ですから、失敗を気にする必要はありません。そのために、まずは「一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるようになりましょう。それが"仕事がデキる人"の第一歩です。ただし、新人でも会社の経営破たんを招くような情報漏えい、コンプライアンス違反には注意しなければなりません」(永谷さん)

新人に失敗はない! といわれると、のびのびと仕事ができそうですが、最低限、何を求められているか知っておきたいところ。求められていることは就活で十分勉強してきた、という人も入社前に、今一度再確認しておきましょう。

【新人に求められているのは?―ルーティンワークを見直す視点】
「会社が新入社員に求めていることは、元気の良さや、こちらの既成概念を壊すようなはちゃめちゃなところです。失敗を恐れて堅くなってしまうのは良くないですね」(同)

新人の場合は、ビジネスマナーが多少できていなかったとしても、それは仕方がないこと。入社したてのころは、うまくやろうとせず、なんでもチャレンジして少しずつ自分のやり方を見つけていきましょう。また、新入社員に大切にしてほしいのが、「ルーティンワークを見直す視点」と永谷さん。

「限られた範囲の業務だけを、丁寧に時間をかけて成し遂げればいいと勘違いしている人がいます。しかし本当は、自分の業務を俯瞰(ふかん)して、どのような位置づけの仕事をしているか認識する必要があります。当たり前のように行っているルーティンワークには、どんな意味があるのかを考え、それ自体を疑って見直してみることが大事ですね」(同)

【さらに"デキる人"を目指すなら?―多様な人と出会ってコミュニケーション力を磨く】
「コミュニケーション力とは、"自分の言語空間で話せる力"のこと。つまり、自分の言葉で自分の考えや意志を人に伝えられる力のことです。その上で、自分のもつアイデアと他人のアイデアを共有できる人は、コミュニケーション力が高いと言えますね」(同)

人事が求めるのは「コミュニケーション力のある人」と就活でも言われていますが、具体的には上記のような人を指しているとのこと。そして、コミュニケーション力を高めるには、とにかく多様な人と会うことだそう。さまざまな年代・職業の人と出会い話すことで、さまざまな価値観に触れ、今までのコミュニケーション力をさらに底上げしてくれます。

また、おとなしくてもコミュニケーション力がある"分析型タイプ"の人もいるとのこと。おしゃべり上手でなく無口だけど分析力や洞察力に優れているこのタイプの人は会社で重宝される、と永谷さん。コミュニケーション力といっても、さまざまな形があり一様ではないことが分かりました。

新人に期待されているのは、"業務がこなせること"ではないので、過度な心配をする必要はありません。入社後は、元気に出社し、失敗を恐れずにどんどんチャレンジしていけば次第に向上していけるはずです。まずは、普段行っているルーティンワークを見直したり、自分のコミュニケーションのタイプを把握するなどして、「ちょっとデキる新人」を目指してみては?

文●木村はるか
取材協力:永谷研一
株式会社ネットマン 代表取締役、NPO法人人材育成マネジメント研究会 代表
(http://sotogaku.jp/profile.html)