「瞬足」が初のベビー向けシューズ発売

写真拡大

 アキレスが展開するスポーツシューズブランド「瞬足(しゅんそく)」が、初の乳幼児向けシューズ「瞬足ベビー」を発売する。「瞬足」は、小学校のトラックが「左回り」である事に着目し、左右非対称のソール形状を採用したシューズ。「瞬足ベビー」は、「瞬足」の入門シューズ(=ファースト瞬足)として、0~3歳の乳幼児を対象に販売する。2012年1月下旬から全国の靴専門店、ショッピングサイト、アキレスのショップなどで順次販売を行う。

「瞬足」初ベビー向けシューズの画像を拡大

 2012年春からターゲットを順次拡大し、商品ラインナップの充実を図っている「瞬足」は、新たに"未来の運動会ヒーロー"へ向けた「瞬足ベビー」を発売することを発表した。主な対象は、歩きはじめから入園前の乳幼児(0~3歳)。男女兼用になっており、3型全9色をラインナップする。脱ぎ履きが簡単な「靴べら構造」設計になっており、裸足感覚の柔らかい特殊配合ソールを採用。乳幼児の繊細な肌にも負担をかけない、「リピジュア加工」の素材をライニングやインソールに施している。価格は、2,940円(税込)。

 「運動会で速く走りたい」「コーナーで転びたくない」など、子どもたちの要望に応えるシューズとして2003年5月に発売した「瞬足」。テーマは、"速い子はより速く、走るのが苦手な子には夢を"。徒競走などでスピードを落とす原因とも言えるコーナーでの様々なトラブルを解消するため、「左足の外側」と「右足の内側」の部分に左右非対称のスパイクを配置している。左右非対称のソール形状というわかりやすいコンセプトが、子どもたちのクチコミで評判が広まり、短期間でジュニア用スポーツシューズ市場におけるトップシェアを獲得。現在は、年間600万足超の販売足数を記録するまでに成長している。2011年7月には、販売累計数3,000万足を達成。10月下旬に3,000万足を達成を記念し、謝恩モデルを発売した。

■瞬足ベビー
価格:2,940円(税込)
・JB-592
白/ネイビー
白/イエローグリーン
黒/マルチ
・JB-593

白/ピンク

・JB-594
ピンク

イエロー

http://www.syunsoku.jp/