エクササイズライン「GapFit」誕生、ヨガやフィットネスに対応

写真拡大

 ギャップジャパンが、ウィメンズ向けエクササイズライン「GapFit(ギャップフィット)」の国内販売を開始した。既存ライン「Gap Body fit」が、より機能的なウェアに進化。第1弾として全19型がデビューし、2月末には第2弾商品の販売が予定されている。

エクササイズライン「GapFit」誕生の画像をもっと見る

 「GapFit」は、2010年秋シーズンに初上陸した「Gap Body fit」ラインの人気を受けて誕生した新エクササイズライン。着心地や動きやすさといった「機能」と、カラーを豊富に揃えた「デザイン」、そして手頃な「価格」の3つのバランスを追求し、2012年1月に展開を開始した。「FIT FINDER(フィット ファインダー)」は、エクササイズに適したパフォーマンスボトムシリーズ。伸縮性を確保しつつ型崩れを防ぐ吸汗速乾素材を使用し、ヨガやストレッチなど着用シーンによって選べるデザインやシルエットを揃えている。

 タンクトップやコットンTシャツ、メッシュ素材を組み合わせたカットソー、カプリパンツなど、主な価格帯は2,900円〜5,900円。デビューシーズンの2012年春夏は、原宿と銀座の「Gap」フラッグシップストアをはじめとする約20店舗で取り扱う。