DKNYの顔に「トワイライト」アシュリー・グリーン 1年間の独占契約

写真拡大

 「DKNY(ディーケー エヌワイ)」と「DKNY & DKNY JEANS」が、映画「トワイライト」シリーズに出演している女優Ashley Greene(アシュリー・グリーン)と1年間にわたるブランドアンバサダーの特別契約を交わしたことを発表した。グリーンは、ブランドの顔として2012年春の広告キャンペーンに登場。ビジュアルは、2012年2月より雑誌やビルボードなどで展開される。

DKNYの顔にアシュリー・グリーンの画像を拡大

 アシュリー・グリーンは、映画「トワイライト」シリーズのアリス・カレン役として脚光を浴びている女優。2010年6月に開催された「トワイライト エクリプス」のベルリンプレミアをはじめ、イベント「SUPER SATURDAY」や、メトロポリタン美術館のコスチュームインスティテュートなど様々なシーンで「DKNY」を着用し、ダナ・キャランとの交友関係を深めてきた。ダナ キャラン インターナショナル グローバル マーケティング&コミュニケーション エグゼブティブ バイスプレジデントのパティ・コーエンは、グリーンを起用したことについて「『DKNY』の全てを体現している。彼女のエネルギー、スピリット、柔軟性にあふれたパーソナルスタイル。ソーシャルメディアを通じて世界中のファンと『DKNY』をつなげてくれることでしょう」と述べている。

 ブランドアンバサダーに選ばれたことについてグリーンは、「これまでずっと、ダナ・キャランのクリエーションは本当に素晴らしいと思っていました。『DKNY』はまさに私自身。自然体のままでフィットするブランド。メッセージを発信する一人として関わることに、心からワクワクしています。ニューヨークにいても、LAにいても、撮影先にいても、私のライフスタイルとこのブランドの服との関係ならいくらでも話すことができます」とコメントし、喜びを表している。

 グリーンがモデルを務める「DKNY」2012年春の広告を手がけているのは、フォトグラファーのイネス・ヴァン・ラムスウィールド&ヴィノード・マタディンで、スタイリストにメラニー・ワード、ヘアメイクはリサ・バトラーが担当した。広告ビジュアルは、「いつも何か発見のある街、ニューヨークシティで、新たなスプリングの扉を開く」というコンセプトのもと制作されている。

■公式サイト
http://www.dkny.com/