ソウル中央地方裁判所は24日、女性芸能人らのわいせつな写真を加工してインターネットに流布した容疑(情報通信網利用促進および情報保護等に関する法律)で、ムン容疑者(38)など5人を拘束・書類送検した。同容疑の中学生2人も摘発されたが、14歳未満で少年部に送致された。複数の韓国メディアが報じた。

 検察庁によると、ムン容疑者ら5人は昨年6月からアイドルやタレントなど女性芸能人157人の顔で加工したわいせつ写真5200枚以上をネット上に掲載し、中学生2人も約700枚を流布している。これら写真は「単純なヌード写真ではなく、性行為の写真まで含まれた」という。

 ムン容疑者たちは、ネット上の投稿共有サイトなどに合成写真をアップロードし、他のユーザーのダウンロードで貯まるポイントを現金に交換する形で利益を得ていたことが分かった。

 検察庁の関係者は、今回の事件について「有名芸能人に対するゆがんだ欲望の表出」として、今後も関連犯罪の取り締まりを強化することを明かしている。(編集担当:永井武)