立川ブラインド工業(株)は、2月28日(火)〜3月3日(土)の5日間、ドイツ・シュツットガルトで開催されるシャッター・ブラインド・門扉の国際見本市「R+T2012」に出展する。
同社は昨年11月にグループ会社の立川窗飾工業(上海)有限公司が「タチカワ上海ショールーム」を開設するなど、海外における販売促進活動を強化しているが、今回の「R+T2012」出展は、今後のさらなる海外事業展開の布石と位置付けるもの。
「R+T2012」では、高品質製品やシステムをテーマとしたロゴを制定し、タチカワブラインド製品の認知向上および高品質・高機能製品の訴求を図る。