1月20日(金・現地時間)、米国テネシー州ナッシュビルのブリジストン・アリーナでは、米ケーブルテレビ局でFOX系列のFXによってメインカードが中継される初めてのイベント=UFC on FX「Guillard vs Miller」が行われた。

そのメインイベントは、昨年ライト級王座挑戦権獲得の一歩手前まで近づいた二人による同級トップコンテンダー対戦、メルビン・ギラード×ジム・ミラーだ。試合はギラードが躍動感溢れるジャンピングニーやアッパー、ハイキックを繰り出すも、ミラーはフライングニーを受けながらもテイクダウンに成功。立ち上がろうとしたギラードのバックを奪うとリアネイキドチョークにより僅か2分強でタップを奪った。

ギラードはフィジカルの強さを過信したかのようなボーンヘッドで、昨年10月のUFC136=ジョー・ローゾン戦に続く2試合連続の一本負けでタイトル戦線から後退。勝ったミラーは来月開催されるUFC JAPANで王者フランク・エドガーに挑戦するベンソン・ヘンダーソン戦の敗北から再起の一歩を踏み出し、王座戦線に生き残る格好となった。

また、セミファイナルではウェルター級に階級を上げたジョシュ・ニア―がドゥエイン・ラドウィックをギロチンで絞め落とした他、UFC再登場を果たしたファブリシオ・モランゴがトニー・ハイデンを、パット・バリーがクリスチャン・モアクラフトを、それぞれリアネイキドチョーク、TKOで破るなど、実に6試合が1R内での決着となった。
UFC on FX「Guillard vs Miller」全試合結果はコチラ