今年は2本の"白雪姫"映画が全米公開される。1本はリリー・コリンズが白雪姫を演じる『Mirror, Mirror』で、もう1本はクリステン・スチュワートが白雪姫を、そしてシャーリーズ・セロンが継母に扮した『スノーホワイト(原題:Snow White and the Huntsman)』だ。

全米では今年6月1日に公開される『スノーホワイト』は、すでに撮影が終了している。劇中では友好的な関係とはいえないクリステンとシャーリーズだが、個人的には最初の顔合わせからすっかり意気投合したそうだ。

「私たちはコミコン(エンターテイメントに関するアメリカ最大級のコンベンション)に向かう飛行機の中で会ったの。誰かに会うのに、全然緊張しないことってある? 私たちの場合がそうだったの」と、クリステンとの初対面を振り返ったシャーリーズ。

「クリステンとはとにかく話が弾んだわ。飛行機が着陸してからは、(周囲の乗客が)『(早く)降りてくれよ』って感じだったの。私たちはずっと話を続けていたわ。私たちは自分たちのやっていることをとても気に入っていて、一緒に演技をすることになったってわけ」

『スノーホワイト』予告編


すっかり"仲良し"となったシャーリーズとクリステンがタッグを組んだ、ファンタジー/アクション/アドベンチャー『スノーホワイト』。日本でも今年の夏ごろに公開されるようなので、乞うご期待!