日本を代表する人気作家・東野圭吾氏の『容疑者Xの献身』が、米・エドガー賞にノミネートされました。同賞は、アメリカミステリー作家協会(MWA)の文学賞で、前年に本国で発表されたミステリー作品の中から選ばれるもの。「エドガー賞」の名の由来は、19世紀に活躍し、多くの文学者に影響をもたらした、作家エドガー・アラン・ポーです。

 日本人作家の作品が候補作になるのは、2004年の桐野夏生著『OUT』に続いて2作目。長編作から選ぶ「ベストノベル」部門でのノミネートで、東野作品のほか全5作品が選ばれています。

 本作は、「探偵ガリレオ」こと、湯川学准教授が主人公の物語で、"ガリレオ"シリーズの中でも最も人気のある作品のひとつ。元天才数学者の石神が愛する人を守るために実行した完全犯罪を、彼をよく知る湯川が解き明かすミステリーです。日本では2006年に直木賞を受賞し、2008年には福山雅治主演で映画化されています。

 東野圭吾氏は、初の日本人エドガー賞作家となれるのか? 発表は4月26日の予定です。

 ノミネート作は以下のとおり(カッコ内は本国の出版社名)。

『The Ranger』エート・アトキンス著 (Penguin Group USA - G.P. Putnam's Sons)
『Gone』モー・ヘイダー著 (Grove/Atlantic - Atlantic Monthly Press)
『The Devotion of Suspect X』東野圭吾著 (Minotaur Books)
『1222』 アンネ・ホルト著 (Simon & Schuster - Scribner)
『Field Gray』 フィリップ・カー著 (Penguin Group USA - G.P. Putnam's Sons - Marion Wood Books)



『日本人で二人目の快挙...『容疑者Xの献身』がエドガー賞候補に』
 著者:
 出版社:文藝春秋
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『女性の幸せと不幸せを測るものさしとは? 直木賞候補『ラブレス』を読む』(2012年1月14日13:00)
『もしも、スーパースターのマイケル・ジャクソンが日本に存在していたら?』(2012年1月13日20:40)
『展示会のロボット、中身は73歳のオジイサンだった? 鬼才・矢口史靖監督の最新作『ロボジー』が明日公開』(2012年1月13日09:30)


■配信元
WEB本の雑誌