【会員ご招待】ヴァン クリーフ&アーペル 2012新作時計披露イベントにご招待!
vac_watch_1.jpgVan Cleef & Arpels(ヴァン クリーフ&アーペル)は、2012年1月16日から開催されているSIHHにて、ポエティック コンプリケーションの新作を発表しました。「過ぎゆく時間の歩みを一つの物語を綴りながら表現する」という独創的なアプローチを特徴とする複雑機械式時 計、ポエティック コンプリケーションはその美しさと時計制作技術の高さで世界的に注目されています。
そして、2012年話題の新作をいち早く日本でお披露目するイベント『Poetic Wish』が2月17日(金)に六本木のグランド ハイアット 東京で開催されます。この貴重なイベントに、LUXURY TV会員5組10名様をご招待します。

(写真は、SIHH 2012で発表された新作「ミッドナイト ポエティック ウィッシュ」)

最初のポエティック コンプリケーションは、2006 年、ヴァン クリーフ&アーペルの創業100 年を記念して誕生した「セゾン」に遡ります。それは、AGENHOR 社のジャン=マルク・ヴィダレッシュ氏とのコラボレーションにより生まれた画期的なムーブメントが、季節の移り変わりを表現することを可能にした、詩情あふれるマスターピースです。

そして今年、ヴァン クリーフ&アーペルはSIHH 2012にて、新作「ポエティック ウィッシュ」を発表しました。2010年に発表したポエティック コンプリケーション「ポン デ ザムルー」のその後の物語が表現された時計です。ポン デ ザムルーで恋に落ち、長いキスを交わした恋人たちはどうしているのでしょう。今、彼らはパリの空の下、別々の時間を過ごしています。再会を願いながら。

「ポエティック ウィッシュ」には、ジャン=マルク・ヴィダレッシュ氏の協力で新しく開発した画期的なムーブメントが搭載されています。時と分を示す役割を担う3 体のオートマタ(自動人形)が組み込まれ、時と分を音で知らせるファイブミニッツリピーターのムーブメントです。「ポエティック ウィッシュ」は、詩情豊かな動きで時と分を示すだけでなく、ミニッツリピーターのゴング(鐘)を組み合わせた傑作です。


 
vac_watch_1.jpg2012年新作「ミッドナイト ポエティック ウィッシュ」。
ダイヤルの左側にはノートルダム寺院が描かれ、その塔のテラスに立っている青年が
ダイヤルの中央に向かってゆっくりと歩を進め、時を示す正確な位置で立ち止まります。
マザーオブパールの小さな雲の第二のオートマタ モチーフが同じ水平線の上を進みます。
両者が出会うと、ノートルダム寺院の鐘が鳴り響き、ダイヤモンドの流れ星が
雲の後ろから現れて空を横切り、新たな音の調べに乗って分を指し示します。


 
vca_watch_2.jpg2012年新作「レディ アーペル ポエティック ウィッシュ」。
ダイヤルの左側には、若い女性のシルエットがダイヤルの中央へとゆっくりと歩み、
正確な時を示した位置で立ち止まります。第二のオートマタのモチーフ、
クリスタルの小さな雲が同じ水平線の上を前進。両者が出会うと、
ノートルダム寺院の鐘が鳴り響きます。すると、一つの凧が雲の後ろから現れて空を横切り、
新たな音の調べに乗って分を指し示します。


 
vca_watch_3.jpg “ベストウォッチデザイナー賞”を獲得したジャン=マルク・ヴィダレッシュ氏。
今回、このイベントのために来日します。


ジャン=マルク・ヴィダレッシュ氏は、2006年、ヴァン クリーフ&アーペルの創業100周年を記念するモデル「セゾン」のムーブメントを開発。

2007 年、ポエティック コンプリケーション「フェアリー」のために、ダブルレトログラード機能が搭載されたムーブメントを開発。

同年、ジュネーブ時計グランプリにおいて、“ベストウォッチデザイナー賞”に選ばれた最初の人物になります。

2009 年、開発した時計がジュネーブ時計グランプリにて“デザインウォッチ賞”に輝きます。

2010年、ポエティック コンプリケーションウォッチ「ポンデ ザムルー(恋人たちの橋)」のためのムーブメントを開発。優れた技術力とその卓越性が発揮されたこのムーブメントによって、物語性がより豊かに表現され、大反響を呼びました。



vca_watch_4.jpg 2010年に発表された「ポン デ ザムルー(恋人たちの橋)」。
ある夏の夜、乙女と一人の青年がセーヌ河に架かる橋を渡って行きます。
女の歩みが時を、青年の歩みが分を示します。
二人はゆっくりと近づき、ちょうど真夜中にキスを交わします。


この度、SIHH 2012にて発表された新作時計を、いち早く日本で披露するイベント『Poetic Wish 』が2月17日(金)に開催されます。ポエティック コンプリケーション ムーブメントを開発したジャン=マルク・ヴィダレッシュが来日し、レクチャーを行います。最新作と昨年までに発表されたポエティック コンプリケーション ウォッチの数々が一同に揃う貴重な機会です。


vca_watch_5.jpg ヴァン クリーフ&アーペル『Poetic Wish』の会場となるグランドハイアット東京 ドローイングルーム
*写真はイメージです。


ハイジュラーのイマジネーションを具現化した芸術性の高いダイヤルと、イマジネーションの世界における時間の経過を表現するために開発した画期的なムーブメントが融合して生まれる、男性のためのエレガントウォッチが、皆様をポエティックな時間へお誘いします。



  【Poetic Wish 概要】

  日時:2月17日(金) 会場 19:00 会場  閉場 21:00 予定
  場所:グランドハイアット東京 ドローイングルーム
  内容:カクテル&レクチャー
      時計誌「Chronos日本版」広田雅将氏によるレクチャー(スクール形式)
        ジャン=マルク・ヴィダレッシュ氏による新作時計の解説(スクール形式)

  【応募要項】
  「ヴァン クリーフ&アーペル『Poetic Wish』ご招待」
  締め切り:2012年2月3日(金)18:00

  【応募方法】
  既にご登録いただいたメールアドレスより、
  件名欄に「ヴァンクリーフ&アーペル『Poetic Wish』ご招待」と記載していただき、
  住所、氏名、電話 番号を明記の上、
  メールinfo@plots.jpまでご応募ください。

  (まだ会員登録を済ませていらっしゃらない方は
  LUXURY TV会員にご登録いただいたのち、お申し込みください)

  会員登録はこちら (無料)

  【当選者の発表】
  ご当選された方へメールにてお知らせし、発表とさせていただきます。
  ご当選者の方には、ヴァン クリーフ&アーペルから招待状を送らせていただきます。


  【問】プロッツ株式会社 tel:03-6435-2091
  URL : http://www.vancleef-arpels.com