7人もの日本人選手が入札によるポスティング・システムやフリーエージェント(FA)でメジャーリーグ入りを目指すことが話題になった今オフシーズン。しかし交渉や入札が期待通りとはいかず中には破談に終わったケースも出ている。

 日本人選手に対する評価が厳しくなっているという声もあるが、では実際のところどれぐらいの評価を受けているのだろうか。複数年契約や専属通訳、トレーナーなど諸条件あるが、読み解く一つのカギとなるのが年俸の額である。今回はアメリカの全国紙USAトゥデーが公開している昨シーズンのメジャーリーグ年俸データベースから、今オフに挑戦した中島裕之内野手、岩隈久志投手、ダルビッシュ有投手の3人を例に分析してみたい。

 まず最初に取り上げるのはポスティングを利用した中島である。ヤンキースが落札し、独占交渉権を得たものの結局破談となり、西武残留となった。当初からヤンキースが控え扱いだったことが交渉が難航することは予想されていた。提示された年俸は80万ドルと報道されている。

 ではこの80万ドルという金額はどれぐらいの評価なのだろうか。ヤンキースはスター選手を揃えた金満球団として有名だ。たしかに昨シーズンの年俸総額は約2億2670万ドルで、メジャーリーグの中でもダントツに多い。平均年俸は675万6300ドルに及んでいる。

 ただ、中央値を見るとと210万ドルに過ぎない。たしかに3200万ドルというとてつもない額のアレックス・ロドリゲス三塁手を筆頭に、高額の選手も多いのだが、メジャーリーグ全体の平均年俸330万ドルより低額な契約の選手も多いのである。
続きはこちら


■関連記事
・200安打ならずのイチローを、アメリカの記録マニアがデータでフォロー――日米の“数字”に対する関心の違い
・ロースコアの接戦が多くなった今季のプロ野球。面白みは増したはずなのだが…
・大リーグ球団にとっての、日本人選手の価値を考える
・沢村賞受賞のマー君に“ガッツポーズ禁止令”球界OBは古い考え方を改め、プロ野球人気回復に貢献を
・映画『マネー・ボール』にビジネスマンも熱視線!経営者が学びたいメジャーリーグGMの敏腕ぶり