トーソー 「R+T2012」にトーソーヨーロッパが初出展

写真拡大

トーソー(株)のグループ会社・TOSO EUROPE S.A.S(トーソーヨーロッパ/本社:フランス・ミュラン市)は、2月28日(火)〜3月3日(土)にドイツ・シュトゥットガルドで開催される「R+T2012(国際シャッター・ブラインド・門扉専門見本市)」へ初出展する。
トーソーヨーロッパは、昨年8月にヨーロッパの事業拠点としてフランスに設立した会社。現在はフランス国内での販売活動が中心だが、今回の出展を機に、設計事務所やデザイン事務所などに対し、トーソー=「高品質かつデザイン性の高い窓周り世界ブランド」を訴求し、ヨーロッパ各国に商圏を広げていくことを目指す。
ブースはホール8のNO.B81。展示スペースは150平米。主な展示商品は電動カーテンレール「プログレス25/50」、電動ロールスクリーン「ATF35/45-RB」、電動ローマンシェード「AFT35/45-RS」、カーテンレール、ロールスクリーン「マイテック」、ローマンシェード「クリエティ」など。