ブックカフェ「6次元」(所在地:中野区荻窪)で1月18日、太田出版のカルチャー誌『ケトル』が、「従業員30人以下のスゴイ会社」トークイベントを行った。

 同誌12月号の特集「従業員30人以下のスゴイ会社」に掲載された企業から数社をピックアップし、それぞれの会社について紹介。さらに、ゲストや司会者たちが考える「会社論」について、討論していこうというもの。ゲストには、就職ジャーナリストの常見陽平氏、6次元オーナーで映像ディレクターの中村邦夫氏。司会には『ケトル』編集長の嶋浩一郎氏が登場した。

 今回のイベントで紹介された企業は、「手書きのポップを作る出版社」として知られるミシマ社、「世界一の地ビール・箕面ビール」をつくるエイ・ジェイ・アイ ビア、ニュースサイト「ナタリー」を運営するナターシャ。そして、老舗文具メーカーのツバメノート、映画予告編制作会社のバカ・ザ・バッカの5社。各企業を取材したライター陣が、それぞれゲストや司会と対話しながら、担当企業について紹介。企業の特徴や業態、大切にしている理念や社是、従業員の人柄や他社にはないユニークなシステムなどについて、細かく分析した。

 「会社特集」ということで、参加者には就職活動中の学生が多く、参加していた学生たちからは「大手だけではなく、小さい会社にも目を向ける良い機会になった」「働く=ツライことと考えていたが、そうした発想が変わった」という声も聞かれた。

 なお、『ケトル』は、イベントカフェTORi(所在地:目黒区中目黒)で、「小さいけどスゴイ会社説明会」を1月25日に開催する。出演者は、第一部にnumabooks代表の内沼晋太郎氏、ミシマ社代表の三島邦弘氏。第二部にナターシャ代表の大山卓也氏、そして嶋氏が登場する。








■ 関連記事
『女性の幸せと不幸せを測るものさしとは? 直木賞候補『ラブレス』を読む』(2012年1月14日13:00)
『もしも、スーパースターのマイケル・ジャクソンが日本に存在していたら?』(2012年1月13日20:40)
『展示会のロボット、中身は73歳のオジイサンだった? 鬼才・矢口史靖監督の最新作『ロボジー』が明日公開』(2012年1月13日09:30)


■配信元
WEB本の雑誌