1月17日に32歳のバースデーを迎えたズーイー・デシャネル。これを記念して、ズーイーの歴代の出演作をご紹介!

『ヴェロニカ's クローゼット』(1998年)
ズーイーがゲスト出演したTVコメディー・シリーズ。


『グッド・ガール』(2002年)
ジェニファー・アニストン主演のコメディー・ドラマ。ズーイーはお客さんにスゴいメイクをしてしまう店員を演じている。


『All the Real Girls』(2003年)
若くて女好きな男(ポール・シュナイダー)と、ウブな彼の友達の妹(ズーイー)の恋愛を描いたロマンチック・ドラマ。日本未公開作。


『(500)日のサマー』(2009年)
ズーイーの代表作。共演は盟友ジョセフ・ゴードン=レヴィットで、最近のハリウッド作品でも最もキュートなカップルの1組に挙げられる。映像で流れている「Why Do You Let Me Stay Here?」(by She & Him)はズーイー自ら歌っているのだ!


『New Girl』(2011年)
現在アメリカで絶賛放映中の人気ドラマ。同棲中の恋人の浮気を知り、男3人が暮らすアパートにルームメイトとしてやって来た女の子に扮している。日本でもこの4月に放映されるようなので、続報をお楽しみに!