INFOBARに″スマートな″BARタイプ登場 新色はKIIRO

写真拡大

 KDDIが、初代「INFOBAR(インフォバー)」を連想させるBARタイプ (ストレート型)のスマートフォン「INFOBAR C01」を発売する。2012年2月上旬以降に全国のau取扱店などで展開をスタートする予定。2011年に「iida」シリーズ初のスマートフォンとして約8年ぶりに復活した同シリーズは、「INFOBAR A01(インフォバー エーゼロイチ)」として発売され人気が再燃している。

INFOBARにスマートな新作の画像を拡大

テンキーを搭載した「INFOBAR C01」は、片手で簡単に操作できる軽量なコンパクトボディーが特徴のスマートフォン。「INFOBAR」を代表するカラー「NISHIKIGOI」や初代「INFOBAR」で人気を博した「ICHIMATSU」の2色にナチュラルカラーの新色「KIIRO」を加えた3色を展開する。ワンセグ、おサイフケータイ®、赤外線通信に加え、グローバルパスポートCDMA/GSM/GPRSで海外にも対応。「INFOBAR A01」で好評を得た「iidaUI」を「INFOBAR C01」に最適化して搭載しており、滑らかなスクロール、ホーム画面のカスタマイズ性は継承している。ロック解除画面から電話、メール、カメラ、ブラウザーなどの基本機能へ即座にアクセス可能。緊急地震速報、災害・避難情報に加え、新たに津波警報を追加した「緊急速報メール」にも対応する。

 「INFOBAR C01」を手掛けたのは、「INFOBAR」シリーズの生みの親であるプロダクトデザイナー 深澤直人氏。KDDIデザイニングスタジオ(東京・原宿)、au NAGOYA(愛知・名古屋)では、2012年1月17日より「INFOBAR C01」の展示が行われる。

■KDDI 公式サイト
http://www.au.kddi.com/index.html