強い意志ないと…

写真拡大

東京都昭島市福島町のアパートできのう16日(2012年1月)、男性(49)の全裸死体が発見された。首や腹、胸に刺し傷があったほか、局所が切り取られていた。警察は他殺、自殺の両面から捜査しているという。

男性は運転手としてタクシー会社に勤務していたが、1週間前から連絡が取れなくなっていた。死後2日以上とみられ、新聞受けに2、3日分が溜まっていた。

女性と朝っぱらから大ゲンカ

近所の人によれば、男性は約4年前に引っ越してきたが、それ以来たびたび訪れてくる女性との言い争い、けんかが頻?に目撃されている。同じアパートに住む女性は「夫婦げんかみたいな感じ。女性の声が大きかった。朝4時とか5時とか寝ている時間で、怒鳴り声で目が覚めた」と話している。別の男性は「物をしょっちゅう投げていたね。外に向かって家具を投げたり」という。アパートから離れた路上で2人が争うのを見た人もいる。

「ものすごい剣幕で男性が女性を道路にうつぶせに押さえつける感じですね」

争った形跡なく警察も「他殺」と断定せず

警察が自他殺両面の捜査をしていることについて、司会の小倉智昭がアナウンサーの笠井信輔に聞く。「非常に妙な事件で、通常であれば他殺の線が濃厚と思いがちですが」

笠井が部屋の間取りを示しながら説明する。

「扉は開いていて、男性はベッドに寝ていて、部屋中に血痕があり、隣の部屋に包丁があった。切り取られた局所はベッドの下。となると、他殺の可能性が高いといえる。しかし、他人と争ったさいの防御創がない、部屋を物色した形跡もない。そうなると、顔見知りの犯行という線もあるが、自殺にも当てはまる状況なので、他殺の線だけで捜査をするのはどうかということで自殺の可能性を含めているということのようです」

ただ、自分で局所を切り取るとすれば、「相当強い意志がないとできない自殺ではあります。なぜ警察が自殺も含めてと強調して発表しているのか、そこがポイントです」と笠井。

コメンテーターの竹田圭吾(国際ジャーナリスト)は「全裸で自殺する必然性が感じられないが、自殺とすれば他殺に見せかけた自殺で、誰かに罪を着せようとしたとも考えられる」

中川翔子(タレント)「異常ですね、ふーん、おそろしいですね、これは」