16日、韓国で行われた調査の結果、国民の多くが外国人や移民に対して強い警戒心を抱いていることが判明した。写真はソウル。

写真拡大

2012年1月16日、韓国の聯合ニュースは、韓国の国民が外国人や移民に対し強い警戒心を抱いているという調査結果を発表した。環球時報が伝えた。

【その他の写真】

韓国保健社会研究院の報告書「韓国大衆の外国人および移民に対する認識」によると、回答者の63.9%が「外国人と移民の子女の増加が韓国人学生とのあつれきを生む」と危惧しており、64%が「外国人や移民がデモやその他の騒乱を引きおこす」ことを恐れている。

50.3%が「外国人や移民の増加が韓国人の職場をおびやかすことになる」と考え、その割合は年齢が高くなるほど大きくなっている。また、57.8%が「言葉の壁」を外国人とうまくいかない原因と答え、「宗教の違い」が50.8%だった。さらに47.5%が「肌の色の違い」を原因にあげている。外国人と移民の増加で「韓国人の福利厚生が削られる」と考えているのは37.3%。「韓国人の給料は移民の増減に影響する」と答えたのは37.2%だった。

さらに、韓国人が最も排除しているのはアフリカ出身の外国人で39.4%。次いで欧米とオセアニア出身の外国人で、24.2%。アジア出身は16.5%だった。(翻訳・編集/本郷)