今夏オープン予定の横浜三井ビルディング外観

写真拡大

2012年は横浜に注目が集まりそうだ。世界最大級の室内ジオラマを設置した鉄道模型博物館に、個性派店舗を揃えた商業ビルなど、みなとみらいを中心に楽しみな新施設が続々と登場する予定なのだ。

【画像】横浜三井ビルディングの「原鉄道模型博物館」は1000両の鉄道模型が展示される!イラストは1番ゲージのイメージ図

まず注目したいのは、今夏オープン予定の横浜三井ビルディング(横浜市・新高島)。地上30階建ての超高層オフィスビルとなっており、1階にはお洒落なカフェや、相模湾佐島漁港などで水揚げされた魚介類が堪能できる和食店などが入る予定だ。そして目玉となっているのが、2階に展開される、約1000両の車両を展示した「原鉄道模型博物館」。ここには、鉄道模型製作や収集家として知られる原信太郎氏のコレクションが展示される。面積約310平方メートル、縮尺1/32の一番ゲージは室内ジオラマでは世界最大級の規模に。2つの鉄道ジオラマと3つの展示室が用意され、見応えがありそうだ。

また、2月8日(水)には、旧松坂屋跡地にレトロでモダンな外観の施設「カトレヤプラザ 伊勢佐木」(横浜市・関内)が誕生する。大型食品スーパー「新鮮イセザキ市場」を核に、旧横浜松坂屋で人気のあった地元の有名店など全23店舗が出店。地元民に愛されるショップ「ありあけハーバーズムーン」「濱うさぎ」「勝烈庵」「崎陽軒」などが集結しているので、観光客にとっても嬉しいスポットになりそうだ。「ありあけハーバーズムーン」からは、横浜銘菓として知られる「横濱ハーバー」の限定缶なども登場する。

さらに、4〜5月には「みなとみらいグランドセントラルタワー」(横浜市・みなとみらい)がオープンする。ここは地上26階建てのオフィスビルだが、イタリアン・中華・ダイニングバーなど幅広いジャンルの飲食店も多数展開される予定。水景や緑地空間も広々と配されており、癒しのビルとしても注目だ。

今秋には鶴見区に駅ビル「シァル鶴見」も誕生。そして、藤沢市辻堂には、屋上庭園を設置したオフィスビル「アイクロス湘南」(4月オープン予定)や、約1万平方メートルの広大な公園「神台公園」(4月一部オープン)、天然温泉のスパを複合した日本最大級のフィットネスリゾート「フィットネス&スパ ココカラ辻堂」(5月オープン予定)も開業する。今年は横浜やその近郊エリアから目が離せなくなりそうだ。【詳細は横浜ウォーカー1月5日発売号に掲載】

【関連記事】
スカイツリー開業、USJの新エリアも!2012年の新名所を一挙公開 (東海ウォーカー)
140種類もの個性派駅弁が味わえる特別展が開催! (横浜ウォーカー)
もちもち米粉ブームから一転!? 2012年はサクサク専門店時代へ (横浜ウォーカー)
唐揚げラーメンに唐揚げピタパン!横浜でアレンジ唐揚げが流行中 (横浜ウォーカー)
凶でもツイてる!? 新年は“付いている”おみくじで運試ししよう (横浜ウォーカー)