「奇跡は今この瞬間に起きている」―はづき虹映さんインタビュー(2)

写真拡大

 まったくついていない、代わり映えのしない毎日。そんな日常を変えるためにはどうすればいいのでしょうか。
 誕生日占いなどで知られるスピリチュアルコーチのはづき虹映さんは著書『ザ・ミラクル 3分で人生が変わる魔法の法則81』(世界文化社/刊)の中で、人生が良い方向に向く81の“魔法の法則”を伝授します。
 この『ザ・ミラクル』は、これまでのはづきさんの著作のベスト集大成的な位置づけになるそう。そんな本書で伝えたかったこととは? そしてタイトル「奇跡」の意味とは?
 はづきさんへのインタビュー後編となる今回は、奇跡の起こし方について聞きました。

■奇跡は今この瞬間に起きている

―本書では「執着」、いわば人間が持っている欲から抜け出すための法則が書かれているというイメージがあります。

「実は、その執着を手放すことが奇跡を起こす条件なんですよ。ただ、それは自分の力だけで起こせるものではありません。周囲の応援がないといけない。本書はその応援を受け入れるための体勢を作るためのマニュアルだと思うんですね。そういった体勢が出来ていないと、聞く耳を持てなくなってしまい、奇跡も起こりません。視野がどうしても狭くなるんですよね」

―今お話いただいた「執着」の部分で、自分の持っていたほとんどの物を手放してシンプルに生活を送っている方をテレビなどで見たことがあります。これはおそらくスローライフの1つに入るのだと思いますが、今のはづきさんのお話と重なる部分がありました。シンプルに生きることはすごく大切なことだと思うのですが、どうしてそれが良い効果を生み出すんですか?

「今は『断捨離』がブームになって、物を手放すことが一つの方向性になっていますよね。どうしてそれが良いのかというと、物にはすべて、使い主の想いが宿っているんです。だから部屋に物が多いとその想いでぎっしりしていて、新しい想いが入る余地がなくなります。つまり、それらの物を捨てることによって自分の想いの量も減っていくということで非常に分かりやすいやり方ですよね。
ただ、ご経験したことがある方も多いと思いますが、想いを手放すというのは難しいんですよ。さらにそれがネガティブなものでいっぱいになってしまうと、当然良い方向には進まないし、奇跡も起こりません。だから『捨てる』というのはお勧めの方法ですし、想いをクリアにするために第9章『人生の法則』で書いた “じゅもん”はアプローチとして良いのではないかなと思いますね。
奇跡というのは、間が合うとか、間に合わないというようにタイミングなんだと思います。奇跡は間が合ったからこそ起こるのであって、違うと“間違う”んです。では、タイミングを合わせるにはどうすればいいのかというと、余裕を持つことなんですよね」

―何かに執着している状態だと、余裕を持ちにくいですよね。

「何かに執着していると、ある一方しか見えなくなりますよね。だからいずれ頭打ちになってしまう。駄洒落ですけれど、執着は終着駅なんですよ(笑)。他の何処へも行けない。そうなると奇跡を起こすチャンスはたくさんあるのに全然気づけなくなってしまいます」

―奇跡はタイミングが合ったときに起こる、と。

「私が考える奇跡は、滅多に起こらないことではありません。ふつうなら宝くじにあたったとか、偶然街角で出会った人と恋に落ちて結婚するとかそういうものをイメージしますね。もちろんそれも奇跡の一つではあるけれど、もっとたくさん奇跡がこの世界に起きているんですよ。例えば、私たちが生きていることがそもそも奇跡ですよね。地球の酸素の量がちょっとでも違っていたら私たちは生きていれないし、日常的に、奇跡はすごく起こっている。そこに気づけないまま、宝くじがあたることばかり求めているから、つらくなるんです。
時間通り電車が来るのも、実は信じられないことですよね。でも私たちはそれらを当たり前だと思ってしまっている。だから、それらは当たり前ではないということに気づくことが、奇跡のセンサーを働かせる原動力になるわけですね」

―何気ない人との出会いも奇跡ですよね。タイミングが合わなければ…。

「そうなんですよね。そういったことに気づけないことが、奇跡を起こすことができない最大の要因だと思っています」

―では、本書をどのような方に読んで欲しいと思っていますか?

「この先行きが見えない時代の中で、不安を抱えている方も多いと思います。ただ、日常に奇跡は溢れていますし、それを引き寄せることもできます。そういうことを通して、一つの出会いや一日をもっと大切に思っていただきたいので、男性、女性など関係なく、これからの時代を真剣に生きたいと思っている人に伝わるといいかなと思います」

―では最後に、読者の皆様へメッセージをいただければと思います。

「奇跡というのは今この瞬間にたくさん起きています。まずはそれに気づいて欲しい、ご自身の奇跡センサーを磨いて欲しいと思います。そもそもあなたが生まれて、そして生きていること自体が奇跡とも言えることですし、尊い存在ですから、自分をもっと大事にして、自分の素晴らしさに気づいて欲しいと思いますね」

(了)



【関連記事】 元記事はこちら
「何事も“バランス”が大事」―はづき虹映さんインタビュー(1)
お金が貯まらない人の財布 7つの特徴
寒い冬を節電で乗り切るための節約術
人の悪口を言う人の9つの心理