VALENTINOの新しい香水「ヴァレンティナ」日本上陸、3月発売

写真拡大

 「VALENTINO(ヴァレンティノ)」の新しい香水「VALENTINA(ヴァレンティナ)」が、1月12日に日本で初披露された。東京・千代田区の「ヴァレンティノ サンローゼ赤坂 ブティック」を会場に発表会が行われ、ブランドのDNAが宿るクチュールボトルに詰められた花々の香りのストーリーを発表。日本では、2012年3月14日に発売が予定されている。

VALENTINOの香水「ヴァレンティナ」上陸の画像をもっと見る

 「VALENTINA」は、ヴァレンティノ・ウーマンの女性らしさと個性を象徴する新しい香り。2人の調香師オリビエ・クリスプとアルベルト・モリヤスにより、官能的で自由気ままな美と、型にはまらないフェミニティからインスパイアされた現代のプリンセスの魅力がボトルに閉じ込められた。フレッシュなベルガモットにホワイトトリュフが大胆に香るトップノートにワイルドストロベリーがナチュラルに漂い、オレンジブロッサム、チュベローズ、ジャスミンが輝く美を表現。最後にはシダーウッドがノーブルに、アンバーはセンシュアルに香り、印象的なコントラストを演出する。クラシックかつモダンな香水は、フェミニンな淡いピンク色。ホワイト・アイボリー・ヌードの3つの花が添えられたラウンドシェイプのクリスタルボトルに詰められている。価格は、30mlが6,510円、50mlが9,240円、80mlが14,070円(全て税込み)。

 発表会では、ヴァレンティノ ジャパン代表のロルフ・カンブリ氏やプーチ社インターナショナルコミュニケーション・ディレクターのクリスティーナ氏、そして国内外で活動している調香師らが出席。優雅で強い個性を持つヴァレンティノ・ウーマンを表現した「VALENTINA」の魅力と、2000回ものトライアルによって完成したという特別な香りのストーリーを発表した。また、デンマークのファッションモデルFreja Beha Erichsen(フレジャ・ベハ・エリクセン)をミューズに迎え、デヴィッド・スミスによって撮影されたイメージヴィジュアルを公開。イメージムービーは、ヨハン・レンク監督によってローマを舞台に撮影された。