ポール・スミス、ロンドン五輪の記念切手をデザイン 日本発売も

写真拡大

 英国発のブランド「Paul Smith(ポール・スミス)」が、イギリス・マン島郵便局とコラボレートし、ロンドンオリンピックの記念切手を販売する。ポール・スミスが切手をデザインするのは今回が初。夏季オリンピックとして第30回目となる記念すべき大会の開催を記念して制作された。

ポール・スミス、英五輪の切手の画像をもっと見る

 2012年にロンドンで開催されるオリンピックを記念し、マン島郵便局と「Paul Smith」が共同プロジェクトを実施。テニスや水泳、ヨットレース、ロードレースなど、7競技をモチーフにしたデザインのオリンピック公認の切手を販売する。マン島は、自転車競技ファンであるポース・スミスの友人で、世界的に活躍している自転車レーサー Mark Cavendish(マーク・カヴェンディッシュ)の出身地。マークが出場する男子ロードレースには、約200万人が156マイルの沿道に応援に駆けつけると言われており、ロンドン五輪のキックオフゲームとして注目されている。

 ポール・スミスがデザインしたオリンピック公式切手は、一部の「Paul Smith」店舗やUK公式オンラインショップ、マン島郵便局で展開中。日本では、2012年春に東京・青山の「ポール・スミス スペース ギャラリー」で開催されるエキシビジョンにて販売が予定されている。

■ポール・スミス スペース ギャラリー
http://www.paulsmith.co.jp/paul-smith-world/paul-smith-space/