「大人になんてなりたくない!」ピーターパンはどれくらい!? 来年入社の新人、意識調査。

写真拡大

学生から社会人になる。年齢的にも社会的にも、もう立派な大人のはずですが、「いつまでたっても大人になりたくない」と「ピーター・パン的」な人がいることも事実。来年の新入社員となるフレッシャーズたちはこれから、大人になるということについてどう思っているのでしょうか。

【学生から社会人になることで、社会的には「大人」として扱われる立場となります。心情として、どちらが近いですか?】

《男性》大人として扱われたい...71.6% / 大人になんてなりたくない...28.4%
《女性》大人として扱われたい...44.0% / 大人になんてなりたくない...56.0%

男性の方が自立心が強いのでしょうか、7割以上の学生が「大人として扱われたい」と答えました。反対に、女性は半分以上が「大人になんてなりたくない」と答える結果となり、男女間のギャップが浮き彫りになりました。「今の時代、30歳でやっと大人」なんてことを言う人もいますが、実際にかなり多くの人がまだまだ大人にはなりたくないようです。理由としては以下のようになりました。

大人として扱われたい............
「今まで責任を取れる立場ではないが故に歯がゆい思いをたくさんしてきたから」(男性/情報・IT業界内定/4年制大学)
「今までより責任も増えるが権利も増える。使えるお金も増えるし、やりたいことができるから」(男性/商社・卸業界内定/4年制大学)
「子ども扱いされたくない」(女性/情報・IT業界内定/4年制大学)
「学生時代は、大人になる為の訓練だと思って生活して来たので、社会を本番の舞台と考えているから」(男性/機械・精密機器内定/大学院)
「学生のように、学生だからねで許される環境では張り合いがない!」(女性/情報・IT業界内定/4年制大学)

責任をポジティブに捉える意見、責任と引き換えに手に入る自由を楽しみたい、という意見が多いようです。「大人」になることで周囲の人からも対等に扱われることを期待する声も上がっていました。

大人になんてなりたくない............
「今の大人を見ていると、大人になることの良さが見えないから」(女性/ソフトウェア業界内定/4年制大学)
「尊敬する先輩などに比べて自分が責任を持って仕事ができるか自信がないから」(女性/団体・公益法人・官公庁内定/4年制大学)
「まだ、社会に出て行けるだけの能力を持っているとは思えないから」(男性/医療・福祉業界内定/6年制大学)
「学生の自由さを知ってしまったから。とは言え、自立出来ないのも怖い」(女性/学校・教育関連/4年制大学)

周囲に良い大人のモデルケースがいないため、「大人」という存在に憧れが抱けない人が見られるという、大人には考えさせられる意見が出ました。それと同時に背負わされる責任の重さを不安に感じる人も多くいるようでした。

大人の「責任」を重く捉えすぎて不安に陥っているフレッシャーズの皆さん。中には「大人になっていいことがあまり思いつかないので」なんて冷めた人も......。学生の気ままな暮らしもいいですが、「自分のライフスタイルを創りだす」という、ホンモノの自由は経済的にはもちろん、精神的にも自立しないと味わえません。誰もが社会に出てみれば、学生時代とは違った刺激を日々受けながら成長していくもの。必要以上に恐れずに、勇気を出して「大人の階段」を一歩一歩上ってほしいものです。
文・オリス(ニーマルマル)

調査期間: 2011/11/18〜2011/11/25
アンケート対象:フレッシャーズ会員

有効回答数 348件 女性200件/男性148件 (ウェブログイン式)