『glee』ファンにとって、良いニュースと悪いニュースがある。

まずは以前からウワサされていたスピンオフ。これにはレイチェル(リー・ミシェル)、フィン(コーリー・モンテース)、そしてカート(クリス・コルファー)の出演が取りざたされていたのだが、FOXエンターテインメントの社長ケヴィン・ライリーは「スピンオフはない」と語ったという。こちらは『TV Guide』誌がライリー氏のコメントをツイートしたもの。登場人物たちは(マッキンリー高校を)卒業するのは確かなようだが、それを受けてのスピンオフはないという。

ライリー氏はさらに、シーズン4のキャストについても言及。彼はまず、レイチェル役のリーの続投を認め、「できればイイ感じで、他の登場人物も全員カムバックさせたい」と願望を語った。

氏はカートやフィンについては明言しなかったが、カート役のクリスは後日、<The Inside>に対し、「(シーズン4に)戻って来るよ。スピンオフは実現しないけれど、ライアンが"画期的な何か"を計画しているんだ」と、続投を明言。

また、フィン役のコーリーも、<The Hollywood Reporter>とのインタビューで「僕も戻って来るよ。とても楽しみにしているんだ」とコメントしている。彼は、登場人物たちは卒業するものの、"マッキンリー高校の枠組み"は今後も維持されると含みを持たせたほか、「ライアン(・マーフィー)は、高校を卒業した次のシーズンに僕たちをどうやって登場させるのか、かなり度肝を抜くようなアイデアを持っているんだ」と語った。すでにレイチェル役のリーも、このアイデアの詳細を聞かされているそうで、今までになくワクワクしているという。

一方、ブリトニー(ヘザー・モリス)やサンタナ(ナヤ・リヴェラ)、パック(マーク・サリング)、マイク(ハリー・シャム・ジュニア)、ティナ(ジェナ・アウシュコウィッツ)らの出演は未定だ。

ちなみに、ブレイン・アンダーソン役のダレン・クリスは現在、ブロードウェーのミュージカル『How to Succeed in Business Without Really Trying』に出演中。こちらは以前、『ハリポタ』のダニエル・ラドクリフが出演していたことでも話題を集めたミュージカルだ。ダレンは先日、TVのトークショーにも登場し、これから放送される『glee』のマイケル・ジャクソン特集に寄せて、マイケルへの憧れも語っていた。彼はまた、「僕にはマイケルみたいなダンスはムリだよ。(ムーンウォークをやるとしたら、火星に降り立ったかのような)ぎこちない動きしかできないね」とも告白している。

『glee』関係ではほかに、昨年9月に日本でも劇場公開された『glee/グリー ザ・コンサート・ムービー』が、1月7日にDVDでリリースされている。