クアルコムトライコーダーXプライズの公式サイト

写真拡大 (全2枚)

 米クアルコム(Qualcomm)は10日(現地時間)に行われたCES 2012の基調講演において、スター・トレックに登場した医療機器を製作したチームに700万ドルを贈る「クアルコムトライコーダーXプライズ」を発表した。

 「Xプライズ」はXプライズ財団によって行われるコンテスト。その第1回「アンサリXプライズ」は人類初の民間による有人宇宙旅行を実現したチームに1000万ドルを贈るというものだった。同コンテストではスペースシップワンチームが課題をクリアし、賞金を獲得している。

 クアルコムトライコーダーXプライズはクアルコムが後援するコンテストで、架空の医療機器「トリコーダー」の実現を目的としている。トリコーダーは人気のテレビSFドラマ「スター・トレック」でドクターマッコイなど歴代ドクターが使用していた医療機器。ハンドヘルドの小型の装置で、プローブを患者にかざすだけで、患者の血圧などのバイタルを始め、病気や怪我の診断が瞬時にできる。

 コンテストの課題は30人の被験者の15の異なる疾患を診断できるモバイルプラットフォームを開発すること。コンテストには誰でも参加でき、書類選考ののちアメリカで本戦が行われる。


■関連ニュース
【CES 2012】スマートフォンのようなデジカメ、ポラロイドがCESで発表
【CES 2012】いざというときに役に立つ? 1TBのUSBメモリ搭載アーミーナイフ
【CES 2012】デルがウルトラブックの最新モデル発表! スリープ中も情報更新
【CES 2012】クロック5.7GHzのPC登場! 氷点下40度に冷却してクロックアップ