(株)川島織物セルコンは、このほど(財)日本環境協会主催の「エコマークアワード2011」で、「銀賞」を受賞した。
「エコマークアワード」は、エコマーク商品をはじめとする環境配慮型商品の製造、販売あるいは普及啓発を通じ、「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による、持続可能な社会の形成」にむけ積極的に活動している企業・団体等を表彰する制度。(財)日本環境協会がエコマーク商品等の一層の普及拡大を通じ、持続可能な社会の実現へ寄与することを目的に昨年より実施しており、2度目の表彰となる今回は、金賞1社、銀賞3社を選出、そのうちの銀賞に川島織物セルコンが選ばれた。

同社は、2010 年に繊維・インテリア業界初のエコ・ファースト企業に認定されるなど、早くから環境対応を経営重要課題のひとつとして捉え、業界に先駆けた環境対応に取り組んできた。エコマーク認定品については2003年の初認定を皮切りに商品ラインナップを充実(現在同社タイルカーペット製品の6割が認定品)、また広域認定制度を活用したケミカルリサイクル制度によってエコマークを取得、さらに「エコリーフ」や「カーボンオフセット」を利用してエコマーク認定商品の環境負荷を公開するなど、エコマークを商品にとどまらずビジネス全体で活用してきた点が評価され、今回の受賞となった。