日本車が7台もランクイン! 2011年のアメリカ不人気車「ワースト10」が発表

写真拡大

昨年の米国市場では、大型のピックアップトラックや、ファミリー向けセダン、またSUVが売れ筋だった。しかし勝者の陰には敗者がいるのは世の常で、全ての車がよく売れたという訳ではない。そこで我々は、昨年不発に終わった車種を調べてみた。

ランクインの条件は2つ。まずは通年に渡って販売されたこと。よって、生産が中止されたマツダ「RX-8」やボルボ「V50」、ダッジ「ラム カーゴバン」、サーブの車は除外された。そして販売価格が10万ドル(約768万円)以下であること。ランボルギーニ「アベンタドール」は言うに及ばず、メルセデス・ベンツSL、CL、Gクラスも対象外となっている。
さて、気になる第1位はどの車だろうか?早速、下のリストを見てみよう。

2011年、米国販売台数「ワースト10」

第10位 スバル「トライベッカ」
希望小売価格 約235万円
販売数 2,791台

第9位 マツダ「トリビュート」
希望小売価格 約158万円
販売数 2,696台

第8位 メルセデス・ベンツ「Rクラス」
希望小売価格 約405万円
販売数 2,385台

第7位 スズキ「イクエーター」(日産「フロンティア」のOEM)
希望小売価格 約138万円
販売数 2,127台

第6位 キャデラック「エスカレードEXT」
希望小売価格 約485万円
販売数 2,036台

第5位 トヨタ「ランドクルーザー」
希望小売価格 約530万円
販売数 1,662台

第4位 アキュラ「ZDX」
希望小売価格 約354万円
販売数 1,564台

第3位 三菱「ランサー スポーツバック」
希望小売価格 約141万円
販売数 1,548台

第2位 ヒュンダイ「アゼラ」
希望小売価格 約196万円
販売数 1,524台

第1位 アキュラ「RL」(日本名 ホンダ「レジェンド」)
希望小売価格 約367万円
販売数 1,096台