昨年、かつて彫っていたマリリン・モンローのタトゥーを消していたミーガン・フォックス。だがそれは、簡単なものではなく、かなりの痛みを伴ったという。

<huffingtonpost.com>によると、情報筋は当時の様子を次のように語っている。

「(タトゥーを消す)最初の段階で、ミーガンはそれがどれだけ痛いかと、恐れおののいていました」と『Star』誌に語るのは、ミーガンの友人だという人物。「ミーガンの友達は、彼女があまりの痛みに歯ぎしりして歯を損傷しないよう、マウスガード(器具)を勧めたほどです」

ミーガンはその後、夫で俳優のブライアン・オースティン・グリーンに頼み、スポーツ用品店で(ボクサーなどが口にはめるような)マウスガードを買ってきてもらったのだそうだ。

実際に、タトゥーを消すのはそれほどの痛みを伴うのだろうか? <huffingtonpost.com>によると、あるサイトでは「ゴムバンドでたたかれる」ほどの痛みだとする人から、「熱〜いベーコンの油が肌に当たる感じ」と形容する人までおり、個人差があるようだ。いずれにせよ、タトゥーを入れる際には、よーく考えた方がいいのは間違いないだろう。

ミーガン・フォックスのイケてるスタイル10連発