美しく健康に痩せるお茶の正体はゴ○○?

写真拡大

 12月、1月は忘新年会シーズンということでお酒の飲み過ぎや食べ過ぎで、体重が気になる時期です。寒い時期でもありますし、一度増えた体重を元に戻すのは一苦労ですよね。
 また、ダイエットというのは、やり方を間違えると肌が荒れたり、疲れやすくなったり、美容や健康にマイナスの効果が表れる可能性もあります。
 
 「美しく、健康的に、やせる」
 これがダイエットの理想だといえますが、その理想を実現するために効果があるとされているのが「ゴボウ茶」です。『ゴボウ茶若返りダイエット』(朝日新聞出版/刊)の著者で、医学博士の南雲吉則氏によると、ゴボウ茶にはダイエット効果以外にも、私たちの体にさまざまな良い影響を与えてくれるそうです。一体ゴボウ茶を飲むことによってどのような効果が期待できるのでしょうか。

■体重が減る
 ゴボウに含まれる「サポニン」には、腸の脂分を中和し、血液中の悪玉コレステロールを排泄するため、ゴボウ茶を飲むことによって太りにくい体質に変わります。

■便通がよくなる
 ゴボウは食物繊維が豊富ですが、ゴボウ茶の中には水溶性食物繊維の「イヌリン」が多く含まれているため、便通がよくなります。

■むくみがとれる
 「イヌリン」は、体内の余分な水分を外に出す働きもあるため、体のむくみも改善します。

■肌がきれいになる
 「サポニン」が皮脂の分泌を抑えるので、肌がきめ細かく、すべすべになります。同時に黒ずみの原因であるメラニン色素を取り除きます。

■体臭がなくなる
 前項のように、ゴボウ茶の「サポニン」が皮脂の分泌を抑えるので、体臭もなくなっていきます。

■冷え症が改善する
 ゴボウにはあの朝鮮にんじんと同様の滋養強壮作用があるため、体を内側から温めて冷え性を改善します。血液をサラサラにする効果もあるので、血行もよくなります。

 いかがですか。これらの効果が重なることで、「若返り」と「ダイエット」が同時に実現するのです。これまでゴボウは、あまり注目されてきませんでしたが、その効能はどの野菜よりも多岐にわたり、強力なのです。
 生活リズムが乱れやすい年末年始は、健康について考え直すいい機会でもあります。
本書にはゴボウ茶の基本的な作り方や、飲み方のバリエーションが紹介されているので、忘年会続きで身体が重い、暴飲暴食のせいで体調が悪い、という人はぜひ一度試してみてください。
(新刊JP編集部)


【関連記事】 元記事はこちら
長生きするための7つの習慣
「運」と「ツキ」を味方につける方法
成功者が必ずやっている「苦手な人」克服法とは?
女性をときめかせる男のしぐさ・行動3つ