シンコールは、1月15日(夜9時)からTBS系列で放映開始される日曜劇場『運命の人』に、美術協力としてカーテン、スライストーン(天然石材シート)及びカーペットを提供している。
沖縄返還40年に当たる2012年に放映される『運命の人』は、実際にあった、“沖縄返還密約事件”をベースとする、山崎豊子原作の本格派ドラマ。40年前に沖縄で巻き起こった出来事に対する疑問や怒り、そしてそれがいまなお現実のものとして大きな傷跡を残していることへの怒りと悲しみを、弓成亮太、妻・由里子、三木昭子の“人間”にフォーカスをあて、ドラマを通して描いていく。
主な配役は、主人公で毎朝新聞政治部のエース記者・弓成亮太に本木雅弘、弓成の妻・由里子に松たか子。外務省審議官付室事務官の三木昭子役に真木よう子、昭子の夫・琢也に原田泰造(ネプチューン)、弓成のライバル新聞社の政治部記者で、政界に太いパイプをもつ山部一雄に大森南朋、“沖縄返還”に政治生命をかける佐橋慶作総理には北大路欣也など、新春ドラマにふさわしい豪華なキャスティングとなっている。

ちなみに、インテリアの見どころとしては、弓成家のセットで、シンコールインテリアのカーテン「サリナ」に裏打ちを施し、壁紙として使用していること。また外務官僚・安西の家では、カーテンだけでなく、天然石材シート「スライストーン」を使って空間を演出。三木昭子、三木琢也の部屋のカーテンもシンコール製品が採用されている。