【YouTube】【懐かしいゲーム特集】PC-6001mkII版「スペースハリアー」

写真拡大

移植とはこういうものなのかもしれない!

(画像:YouTubeより)
©SEGA

かつてPC-6001に「タイニーゼビウス」を移植した松島徹氏、その当時は中学生だったそうです。

彼は当時としても低スペックのPCであったPC-6001に「ゼビウス」を移植したさい、グラフィック的な面よりゲームとしてのスピード感・爽快感を重視した移植を行いました。

その才能を評価され、電波新聞社のゲーム開発部署へスカウトされた松島徹氏はPC-6001mk2という低スペックのPCで「スペースハリアー」の移植という偉業を成し遂げています。
PC-6001mkII版「スペースハリアー」〜STAGE8まで


主人公以外の殆どのキャラクターが四角い点を除けばまさしく「スペースハリアー」です。ゲームとしての爽快感はそのままに移植なされた彼の才能には驚きです。

最近はゲーム機やPCのハードスペックも向上してきたので完全移植も珍しくなくなっていますが、松島徹氏のような先人の研鑽があってこそだと思います。


【ライター:清水サーシャ】




■関連記事
お正月なのにおせちが食べられなかった!?
米セレブで子供の名前が最も変なのは誰?「モロッカン」
春ツアーで「モーニング娘。」卒業の新垣里沙さん、
「月面メガソーラー計画」清水建設参入?近未来へ!
正月早々ツイッター騒動!東海由紀子さん、猪苗代湖ズ非難で"自爆"