お金も地位もあるのに不幸だ
今年こそ幸せな年になりますように――。1年の初めにそう願った人も多いのでは。で、あなた自身は幸せですか?なーんて聞くと宗教や哲学の話みたいだけれど、国が「幸福度指標」というのを作って日本人がどの程度幸せかを測ろうとしているらしい。「我が国においては、特に所得の増加にも関わらず主観的幸福感が低い」と内閣府は言う。まさにその典型のようなQ&Aが、教えて!gooにあった。

幸福の条件とは何でしょうか?

質問者は30代前半という若さで「大手金融機関でそこそこの地位まで」昇進し、収入も多く、「女性にも困ったことはありませんし、交際してきた女性も美人が多いです」とか。世間からみればうらやましい限りだけれど、「それらを楽しいと感じたことはほとんどないです。優越感を感じた時もありますが、幸福感とは違います」という。今は仕事をやめてボランティアなどにお金を注ぎ込んでいるけれど、それでも心は満たされないよう。

では「幸せな人ってどんな人?」という事例を回答から拾ってみると

「『大切にしたいもの、理屈ぬきに無性に好きなもの』がある人が幸せでは?」(anchan1さん)

「彼女に愛されてるのが何よりも幸せだと思う。んで、もっと彼女と一緒にいられたら、もっと幸せだと思う。それに向けて今は努力してる最中。その意味では『まだ幸福に到達していない』とも言えるのかな?僕の場合はこんな感じ。幸せの条件は『彼女に愛されること』かな。もっと突き詰めれば『自分が幸せを感じることが幸せ』かな」(Tori_30さん)

「毎日ちっぽけでも良いから自分自身の目的を持って仕事をする。少しで良いから思いやりを持って女性に接する。このように、先ず自分以外のものに気持ちを込めての何かをし、その結果、仕事や女性から予想外の成果や感謝を受け取った時、人は幸せを感じるのだと思います」(dan7さん)

■幸せは自分で決める

自分が誰か(何か)を大切に思うこと、そしてできればその相手も自分を大切に思ってくれることに幸せのきっかけがある――という考え方は多くの回答に共通しているよう。ただし、「幸せの条件は人によって違うので、他人に答えは出せない」という意見でもほぼ一致している。

「お金があっても健康であっても、またはお金がなくて健康でなくても、それぞれが今おかれた状況をありがたいと感じられれば幸せなんだと思います」(06kumagoroさん)

そういえば、お金とか地位とか暮らしぶりとかを周りと比べようとする人ほど、不幸そうに見えるかも。ということで思い出すのはブータン。世界が経済成長を競う中で、この国だけは「国民総幸福量」という指標を重視しているそう。昨年の国王夫妻来日で関心が高まって、日本から旅行したいという人も急増しているとか。それはやっぱり、経済的には決して豊かでないのになぜ幸福でいられるのか、裏を返せば経済的には恵まれているのになぜ幸せになれないのか、その理由を知りたいと思う日本人が多いってことなのかな。

鈴木聖子(Suzuki Seiko) →記事一覧

■関連Q&A
みんなが私の幸せの邪魔をします
不倫相手から正妻になった方、今幸せですか?
■関連記事
私の容姿に不満ばかりの彼との結婚は不幸?
女の幸せって、なんですか?