地理ダジャレ、これは何県?

写真拡大

 ダジャレというと、今ではオヤジギャグの代表格のように扱われていますが、上手なダジャレはその場の雰囲気を和らげてくれることがあります。
 『だじゃれ日本一周』(長谷川義史/作、理論社/刊)は、全国47都道府県を、その名前にちなんだダジャレで紹介する絵本。
 たとえば“おたんじょうびをいわってけん(岩手県)”“おかずはなんどす”“きょうとうふ(京都府)”といったダジャレが、その都道府県をイメージさせる絵とともに掲載されています。

 そこでクイズ、○○に入る都道府県名は何でしょうか。
 意味的に多少補足が必要なものもありますが、あくまでダジャレですので、やわらかい頭で考えてみてください。

1.ささにしきのお○○○けん(ヒント:東北地方の最大の都市を持つ県)

2.ひゃくえんひろって○○○○けん(ヒント:なると金時が有名)

3.ばらのはなには○○○○けん(ヒント:関東地方の県、語尾は「ぎ」ではなく「き」です)

◇ ◇ ◇

 わかりましたか?
 歴史の勉強などで、ゴロ合わせを使って年号や出来事を覚える暗記法があるように、ダジャレを使えば都道府県名も楽しく暗記できそうです。
 子供の地理学習にも役立ちますし、インパクトのある絵とダジャレを一緒に見ることで各都道府県の名所や特産品も覚えることができます。さらには、本とは違ったダジャレを考えてみるのも一興。疲れた時の頭の体操として、ぜひ本書のクオリティに負けない“都道府県ダジャレ”を作ってみてください。
(新刊JP編集部)


※クイズの解答
1.宮城県/2.徳島県/3.茨城県


【関連記事】 元記事はこちら
日本発のギャグが世界をつなぐ?
顔は可愛いのにあまりにもドス黒い“坂本龍馬”って?
この小説に賛成? それとも反対? 高橋源一郎の“大問題作”
赤裸々な“石川啄木”の姿