サンシャイン水族館にタツノオトシゴの仲間たちを集めた「干支水槽」が登場

写真拡大

今年の8月にリニューアルし“天空のオアシス”へと変貌を遂げたサンシャイン水族館。グランドオープン後、初めて迎える年末年始は、魅力的なイベントが盛りだくさん! そのなかでも特に注目したいのが、1月9日(祝)までの期間限定で実施されている「干支水槽」だ。

【写真】ヒラヒラしたひれが特徴的なウィーディーシードラゴン

2012年は“辰年”ということもあり、水槽にはタツノオトシゴの仲間たちが多数登場! 日本近海産の一般的なシルエットのものから、ヒラヒラとしたひれが特徴的なオーストラリア産のウィーディーシードラゴンまで、さまざまな種類が鑑賞できるようになっているのだ。ちなみにタツノオトシゴは、オスが子育てをすることや、長い尾を海草やサンゴに巻きつけて定住生活を送ることから、日本では“安産のお守り”、フランスでは“触れると願いごとが叶う”とされているラッキーアニマルなので、まさに、新年の開運を願うのにもってこいの魚だと言える。

またこの他にも、ダイバーたちによる水中パフォーマンスや、アシカのショーといったイベントも一日に複数回実施され、さらに館内レストラン「Cafe Lagooon」では、クマノミ形のライスがキュートな「ロコモコ」(700円)や、沖縄の雪塩を使った「ラグーンソフト」(350円)といったオリジナルメニューも食べられるので、これらも合わせて楽しんで、新年をハッピーに過ごしてみてはいかが?【東京ウォーカー】

【関連記事】
運気もアップ!? 幸せを呼ぶドラゴングッズが続々登場 (東京ウォーカー(全国版))
2012年の干支・辰をイメージしたパンが続々登場! (東京ウォーカー(全国版))
横浜近辺のカウントダウンイベントで年越しを楽しもう! (横浜ウォーカー)
合格祈願も!動物園&水族園の正月イベント、オススメはコレ (東京ウォーカー(全国版))
食べるのがもったいない!? かわいい動物スイーツが「ナムコ・ナンジャタウン」に大集合! (東京ウォーカー)