韓国紙の中央日報は27日、東日本大震災発生翌日の3月12日に1面で使った「日本沈没」の見出しを取り消し、「がんばれ日本」に編集し直したことを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 中央日報は今年の自社の報道を反省するコーナーで、東日本大震災の見出し問題について一番に言及した。映画や小説のタイトルである「日本沈没」を見出しに使ったのは、大震災による被害状況を劇的に伝えようとしたからだと説明した。

 同紙は、見出しにより「災害で苦しむ日本国民を傷つけた」とし、日本人の痛みを考えず刺激的な報道を行ったと批判を浴びたことも明かした。文の最後には、日本国民を応援するため、遅くなったが再び紙面を作り直したと説明した。

 東日本大震災が発生した当時、一部の韓国メディアは「日本沈没」などの見出しを付けて報じたが、そのセンセーショナルな報道姿勢は韓国国内からも批判が相次いだ。(編集担当:新川悠)